あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

赤とレザーのコーデ 2013年「ハート」ロックの殿堂入り

f:id:AIaoko:20201010101304j:image

「ハート」ですよ

「バラクーダ」ですよ

 

まずはレザーの服から

f:id:AIaoko:20201014115752j:image

ロングブーツも、ずいぶん久しぶりです

レインブーツという名の長靴もどきは、いつも履いてますが、

ロングブーツも、今年はしっかりと復活!ですよね

 

脱いだり履いたりに時間がかかる靴、ヒールが高くて安定しない靴は、介護の生活には向きません

こちらも、「着せ替え遊び」をしてから、手離すことになりそうです

 

ハートのバラクーダ

このブログは、私自身の「認知症の予防と対策」のためのものでもあるのですが、

ハートの「バラクーダ」は認知症になった私に聴かせてほしい曲のひとつです

 

ハート、

姉妹でカッコよかったですよね

女ロバート・プラントでしたか?

 

認知症になった私は、たぶん、ハートといわれても、バラクーダといわれても反応しないと思います

でも、そこは無視して聴かせてください

聞きさえすれば、反応があること、間違いなしです

 

子供と観に行った映画「シュレック」の話は、何度か書いていますが、

シュレック・シリーズって、本当に「子供を連れて来た親」泣かせですよね

 

あの曲も、この曲も、懐かしくて、

親たちを狂喜乱舞させます

 

ハートの「バラクーダ」は、シュレック3でしたよね

ディズニーのお姫様たち?が、大暴れするシーンで、

まずは、ツェッペリンの「移民の歌」の叫び、

それから、ハートの「バラクーダ」がかかります

映画では、あのファーギーのカバーでした

 

もうね、ノリノリでしたよね

映画館で踊り出したいくらい

 

ハートのオリジナルもいいし、ファーギーのカバーもいいです

あのギターの音が聞こえてきたら、記憶の扉があきますよ

 

シュレックの曲の話は、ご興味があればこちらもどうぞ

 

www.aiaoko.com

 

 

www.aiaoko.com

 

 

ケネディセンター・オーナーズ(名誉賞)

今は、「むかし好きだった曲」を思い出す方法として、「ロックの殿堂」入りしたアーティストを年代順に見ていますが、

 

そういえば「ケネディ・センター名誉賞」というのもありましたね

オバマの時までは大統領からの贈呈でしたよね

 

前に、スティングの記事のところでも書いたのですが↓

  

www.aiaoko.com

 

2014年にスティングがこの賞を受賞したとき、

私の一番好きな曲「If I Ever Lose My Faith In Youをレディ・ガガが歌い、スティングを涙ぐませました

 

その時の贈呈者は大統領であったオバマで、奥さんのミシェルさんと聞き入る姿も印象的でした

 

あれ?デジャブです

そう、今回「ハート」のビデオを観ていたら、またオバマとミシェルさんの姿が!

そして、とても嬉しそうに、そのハートの演奏を見ていたのがレッド・ツェッペリンの面々です

 

それは、2012年に「ケネディ・センター名誉賞」をツェッペリンが受賞したときのものだったんですね

なるほど!

歌うのがハートで、曲は「天国への階段」です

 

もうね、一粒で2度おいしいというのは、こういうことを言うんですよね

忘れていたハートのよさを思い出し、

そのハートが、スターになる前から憧れていたというツェッペリンの曲を歌い上げる

 

ツェッペリンの3人の表情が、もうね、それぞれで、何にも言えません

 

ありがとうございます

記憶の隅に忘れられていた「昔大好きだったもの」って、たくさんありますよね

 

それが、音楽の場合、映画やテレビやコマーシャルで、

思わぬところで使われていて「あ!」という瞬間があるじゃないですか

 

そういう、素敵なサプライズを、

このブログを書くことで、将来の自分(認知症?)にプレゼントできたらいいなあと夢見ています

 

でも、我が家のじいちゃんも、ばあちゃんも、耳が遠くなりテレビの音量が、とんでもないことになっています

私も、ロックを聴く時には、イヤホンが必要ですね

 

「ハート」は聞かれましたか?

「天国への階段」は、お好きでしたか?

どんな音楽を聴いていましたか?

 

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね