あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

1971年の映画は「バングラデシュ・コンサート」/ ジョージ・ハリスンはロックの世界でのチャリティ・コンサートの歴史をつくった

f:id:AIaoko:20200809210944j:image

 

我が家には認知症の母がいます

母の介護を経験して、自分自身の「認知症の予防と対策」も、不可欠だと思いました

 

その時に出会ったのが「大好きだった音楽(曲)を聴くと認知症に効果がある」という様々な報告でした

 

好きだった期間の幅は、研究によって異なりますが、

大雑把に言うと、10歳から20歳前後の時に大好きだった曲を聴くと認知症に効果がみられる、ということです

 

これを使わない手はない!と思いました

 

でも、年を取って認知症になった自分が「10歳から20歳前後に大好きだった曲」の名前を覚えているでしょうか?

自分以外の誰が、知っているでしょうか?

 

そう、認知症になる以前の自分だけが、答えを知っています

配偶者すらあやしいです

子どもは親の大昔のことは知りません

 

そこで、「10歳から20歳前後のころ大好きだった曲」の「リスト」を作り始めました

このブログです

 

方法や効果については、ご興味がありましたら、こちらもご覧ください↓

 

www.aiaoko.com

 年代別のヒット曲のなかから「大好きだった曲」のリストを作ってみました

こちらも、よろしかったら、どうぞお読みください

 

www.aiaoko.com

 

 

 今は、

「映画音楽の中の大好きだった曲」をリストアップしている最中です

 

ジョージ・ハリスンの映画「バングラデシュコンサート」

同じ映画を、同じ時期に、何度も見に行ったのは、

「バングラデシュ・コンサート」

The Concert for Bangladesh (film)と

「ジーザス・クライスト・スーパースター」でした

 

一度見たら、また見たい!

また見たら、もっと見たい!

きりがありませんでした

 

10歳の時から、頭の中はビートルズでいっぱいでしたから、

ビートルズ関連のものなら、本でも、雑誌でも、映画でも、

なんでも見たかったんです

 

www.aiaoko.com

 

 

ましてや、心の中の「憧れの人」ジョージとなれば、

「バングラデシュ・コンサート」の映画を観に行くのは絶対!で、

グラミー賞をとったアルバム( LPレコードですね) を買ったのも、お小遣いはなくても、なんとしても!でした

 

アルバムについては、ご興味があればこちらもどうぞ

 

www.aiaoko.com

 

もうね、

子どもですから、チャリティ・コンサートのジョージの姿が「神様」に見えましたよ

髪や髭の感じとか、眼差しとか、表情とか、ちょっとイメージが重なりますよね

 

ひとりの人間が、こんなに多くの人(仲間)を巻き込んで、

こんなに世のため人のためになることが出来るんだと、

子ども心に感動したし、

ジョージという人を尊敬しました

 

ロック界のチャリティ・コンサート

ジョージと仲間たちの「バングラデシュ・コンサート」の後、

ロック界でも、続々とチャリティ・コンサートがありましたよね

  • ライヴ・エイド
  • エイズのためのフレディ・マーキュリー追悼コンサート
  • ウィ・アー・ザ・ワールド(コンサートではなく、チャリティの曲ですね)

ほかにも沢山のコンサートや、曲が、チャリティでおこなわれました

 

ひとりひとりは、微力だとしても、

みんなで力を合わせれば、世の中を変えられるかもしれないという

人間のすばらしさを教えてくれたのが、

私の場合は、ジョージのバングラデシュ・コンサートでした

 

それぞれの「得意な分野」で、「できること」をする

なんて素敵な発想でしょうか

 

ジョージが亡くなって

ジョージが亡くなってから、ぽっかりと心に穴があいたような気持でしたが、

こうして、バングラデシュ・コンサートのことを書くことで、

また、ジョージのよさを再認識しました

 

ジョージが好きだよという方がいらっしゃったら、

こちらも、ご覧くださいね

オタクなお楽しみです

 

www.aiaoko.com

ありがとうございます 

  1. 「大好きだった音楽(曲)による認知症の予防と対策」
  2. 「(私の場合は介護ですが)さまざまな時間がないひとのためのファッションの制服化の実験」
  3. 「それでも幸せは感じるものだよね」

という3つのテーマの話を、「まぜまぜ」にしている私のブログに、たくさんの

年齢も

性別も

職業も

家庭環境もまったく違う方がきてくださり、

 

そして、わたしも、たくさんの方のブログに接することができて、

視野も広がり、楽しいし、嬉しいし、

感謝する毎日です

 

ブックマークでコメントをいただいているのに、お返事できていないことが、とてもとても心苦しいです

ごめんなさい!

 

でも、これも、いつの日か!と夢見て

今日も、やらねばならないことを、やりますね

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました