あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

1978年の映画「スター・ウォーズ 」と「未知との遭遇」は共に音楽担当がジョン・ウィリアムズでした 映画音楽の名作が続々です

f:id:AIaoko:20200823001901j:image

宇宙もの、未来ものというと、

自分にとっては

古くは手塚治虫の漫画「火の鳥」とか、ドラマの「タイムトラベラー」とか、スポックに夢中になったテレビの「スター・トレック」とか、

序章はいろいろありましたが、1978年は、すざまじい年でしたよね

 

そう、「スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」が、いっぺんにやって来ました

まさに、映画界の、未知との遭遇の年でした

 

初めていらっしゃった方へ

あい青子です

認知症の母と、90代の父と暮らしています

そんな毎日のなかで、

自分自身も「認知症の予防と対策」をしなくては、大変なことになる!

と気がつきました

 

食事や、運動、脳をつかうこと、好きなことをすること、

などなど他にもしていることはありますが、

これだ!と思ったのが、私の場合は「10歳から20歳前後までの間に、大好きだった曲」を聴くと、認知症の患者さんたちに、大きな効果が現れるという研究の数々でした

 

ご興味のある方は、こちらもお読みください

www.aiaoko.com

私の場合の一番好きだったビートルズ!はこちらで、

www.aiaoko.com

 ヒット曲から年代別に思い出した「好きだった曲」はこちら

www.aiaoko.com

 そして、今は、

音楽と並んで大好きだった「映画」のなかから

大好きだった「映画音楽」のリストをつくっているところです

 

「スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」の映画音楽!

「認知症の予防と対策」のために、「大好きだった曲!」のリストを作っているところですから、さっそくに、双方の音楽を調べてみてビックリ

 

この2つの大作、なんと音楽担当が同じひと!?なんですね

ジョン・ウィリアムズでした

ライバルのような映画で、しかも両方ともテーマは宇宙

なのに、映画音楽担当は、ホントに同じ人に頼むの???

 

そうそう、映画「ジョーズ」も、この方でしたよね

あの、ダダ、ダダダダ!ですよね

 

きっと、ライバル同士でも頼みたくなる、超実力派ということなんですね

 

ジョン・ウィリアムズ

この方、すごいですよ

ほんとに凄い人です

 

テレビで「宇宙家族ロビンソン」は、見ていませんでしたか?

1966年から1968年です

古すぎて、まだ、生まれていませんか???

このテレビの音楽担当から始まり、

なんとなく思い浮かぶだけで

1971年「屋根の上のバイオリン弾き」

1972年「ポセイドン・アドベンチャー」

www.aiaoko.com

1974年「タワーリング・インフェルノ」

1975年「ジョーズ」

www.aiaoko.com

1981年「レイダース(インディ・ジョーンズ)」シリーズ

1982年「E.T.」

1990年「ホームアローン」

1993年「ジュラシック・パーク」シリーズ

2001年「ハリー・ポッター」シリーズ

 

そして、今回の1978年の「スターウォーズ」「未知との遭遇」と、なんのこっちゃ!!!の連作です

 

とんでもない人なんですね、ジョン・ウィリアムズさんて

 今日、調べてみるまで、私はこんなこと、知らなかったです

みなさんは、ご存知でしたか?

 

スターウォーズ

このテーマ曲も、一発で、宇宙の暗闇の空間に飛べますよね

音楽だけで、宇宙旅行できるだなんて素晴らしいと思いませんか?

映画音楽というと、私の場合は、感情を揺さぶる「切ない系」に弱いのですが、

スターウォーズは、「2001年宇宙の旅」と並んで、宇宙空間移動系ですね

 

未知との遭遇

一方の「未知との遭遇」

こちらの音楽を聴くと、「E.T.」との共通点を感じますね

地球外生物がいたって、ちっともおかしくないし、もし、そうであるならば、弱肉強食の闘いではなく、友好関係を結びたいですよね

「未知との遭遇」から「E.T.」への道を感じますね

 

個人的には、昔むかし、あの「未知との遭遇」の巨大な岩山、デビルスタワーにドライブで行ったことを思い出しました

すっかり、忘れていました

若かったなあ

無謀だったなあ

楽しかったなあと、昔の記憶が走馬灯のようです

 

ありがとうございます

映画「ゴッドファーザー」のところでも話しましたが、親族があつまると、みんなで映画を観に行くこともあるという、ちょっと変わった一族でした

この1978年という年も、「すごい映画が来たぞ!」と映画館に行く号令?がかかりましたが、

反抗期真っ只中の私は、行きませんでした

でもね、この2作は無視できませんよね

しっかりと、のちに、ひとりで観ています 

特に「未知との遭遇」は、こういうこともありえるだろうなあと

パピプペポーみたいな音とともに思いましたよ

 

みなさんは、

スターウォーズ派ですか?

未知との遭遇派ですか?

ジョン・ウィリアムズさんのことは、ご存知でしたか???

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね