あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

2011年 ロックの殿堂入り【Leon Russell 】レオン・ラッセル (エルトン・ジョン、ジョージ・ハリスンいち押しの実力派!)

f:id:AIaoko:20210818094256j:image

レオン・ラッセルが2011年「ロックの殿堂」入りをしました

2011年、サイドマンとして「ロックの殿堂」入り Leon Russell レオン・ラッセル(エルトン・ジョンの憧れの人)(ジョージ・ハリスンの「バングラデシュ・コンサート」で知った実力No.1の人)

レオン・ラッセルが好きです

まずは記事から

www.aiaoko.com

エルトン・ジョンとレオン・ラッセルの「ロックの殿堂」での姿とスピーチ

こんな感動は、めったにありません

LEON RUSSELL's Induction into The Rock & Roll Hall Of Fame 2011

LEON RUSSELL's Induction into The Rock & Roll Hall Of Fame 2011 - YouTube

こんな風に人(エルトン・ジョン)に憧れられて、尊敬されて、逝くことができる

涙が出ます

エルトン・ジョンは、自分をこの音楽の世界に招き、この音楽の世界を真に支え続けてきたレオン・ラッセルのことを世界中の人に知ってほしかったのだと思います

その情熱がレオン・ラッセルの「ロックの殿堂」入りにつながり、そして、レオン・ラッセルを涙ぐませました

エルトン・ジョンも男の涙でした↑

 

A SONG FOR YOU - Leon Russell & Friends (1971)

A SONG FOR YOU - Leon Russell & Friends (1971) - YouTube

日本の中学生が、こんな素晴らしいアーティストを知ることができたのは、

ジョージ(ハリスン)のバングラデシュ・コンサートのおかげでした

ジョージにも、エルトン・ジョンにも、レオン・ラッセルにも、いい音楽をたくさんもらいました

ジョージ・ハリスンの凄さ【The Concert for Bangla Desh】1971年のバングラデシュ・コンサートのアルバム (LPレコード)1972年映画「バングラデシュのコンサート」(エリック・クラプトンほか)をYoutubeビートルズ公式から観る - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

 

ローリング・ストーンズのジャンピング・ジャック・フラッシュをレオンラッセルが歌うとこうなります

www.youtube.com

同じく、ホンキー・トンク・ウーマンをレオン・ラッセルが歌います

www.youtube.com

時として、ストーンズのオリジナルより聴きたくなるレオン・ラッセル版です

「バングラデシュ・コンサート」のビデオがまた観たくなります、聴きたくなります

【~2021年ロックの殿堂入り受賞者の一覧】私版のまとめ

いろんな音楽を聴いてきたんだなあと思います

ロックの殿堂入りアーティストのリストを見ると、次々と、様々な思い出が浮かび上がります

www.aiaoko.com

どんなアーティストの、どんな曲が思い出されますか?

今回のレオン・ラッセルと同様に、ロックの世界で有名スターを強力にサポートしてきたビリー・プレストンが、今年2021年の「ロックの殿堂」入りに選ばれました

ビートルズ

ビートルズの個々人

ローリング・ストーンズ

エリック・クラプトン

ビリー・プレストンがいかに素晴らしいアーティストだったのか、10月30日の「ロックの殿堂」のセレモニーで発表されるのが楽しみでなりません

ビリー・プレストンについては、こちらの記事でも書いています

ご興味のある方は、どうぞ

ビートルズの映画「レットイットビー」(1970年 「Let It Be」)とは?(新ドキュメンタリー映画「The Beatles:Get Back(ゲット・バック)」2021年11月25日配信公開【Billy Prestonビリー・プレストン】5人目のビートルズの功績 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

そういえば、「バングラデシュ・コンサート」のレオン・ラッセルの「ジャンピンジャックフラッシュ」で、ごきげんなキーボードを聴かせてくれたのもビリー・プレストンでしたよね

 

ここから下は、ごく個人的な家族の記事です

ロック関係の方は、ここまで読んでくださりありがとうございました

 

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

いろいろな方たちに支えていただいて日々を過ごしてきました

ケアマネさん

お医者さん

看護師さん

スタッフの方たち

リハビリの先生

薬局の方たち

ご近所の方たち

本当に、たくさんの方たちに支えられて、最期の日まで過ごすことができました

そして、皆さんが、今も父を支えてくださっています

ありがたいなあと思います

 

助けあいと笑顔が

こんなに素晴らしいものだと気づいたのも

母との生活のおかげかもしれません

今の時代にも、優しい人情は、たくさんあります

たくさんの方々に、今まで、ありがとうございましたとお伝えしたいです

 

そして、これからも、父と私たちをよろしくお願いします

さみしい父を支えてくださいね

 

楽しく皆さんのブログを読ませていただいてきましたが
しばらくお休みいたしますね

落ちつきましたら
また、読みにうかがいたいと思います

 

そうそう!というコメントなど、とても嬉しいです

音楽って最高ですね

今日も、いい1日をお過ごしくださいね